文字サイズの変更
標準

九工大におけるローカル5G不感地帯対策に向けた実証実験の実施

更新日:2022.06.20

九工大におけるローカル5G不感地帯対策に向けた実証実験の実施


国立大学法人九州工業大学(本部:北九州市、学長:三谷康範 以下、九工大)、DXアンテナ株式会社(本社: 神戸市、代表取締役社長: 長代輝彦 以下、DXアンテナ)、株式会社スリーダブリュー(本社: 横浜市、代表取締役 植田 敦 以下、スリーダブリュー)および、株式会社QTnet(本店:福岡市、代表取締役社長:岩﨑和人 以下、QTnet)は、ローカル5Gの不感地帯対策として、九工大において「レピータ*1を用いたローカル5G*2増幅中継」の実証実験を2022年7月1日から実施します。

ローカル5Gで利用可能な電波の一つであるミリ波は、帯域が広く高速通信が可能という利点がある一方、その電波特性(直進性、透過性等)上、建物内やその影などには電波が届きにくく、エリア確保が課題となっていますが、レピータによる中継を行うことで少ない基地局でより広いエリアカバーができると期待されています。

今回の実証実験では、九工大戸畑キャンパスにQTnetが構築したローカル5G環境において、DXアンテナが開発中のミリ波用5Gレピータを用いた増幅中継を行い、電波が届かない場所に対しての改善効果等を検証します。



  • (参考)九工大でのローカル5Gユースケース?取組み一覧についてはこちら

【用語説明】
*1レピータ………電波が届かない場所に対して、電波を増幅し広範囲に再放射する装置。
*2ローカル5G…地域の企業や自治体等が、自らの建物や敷地内で柔軟に5G(第5世代移動通信システム)ネットワークを構築し、利用可能とする無線システム。


プレスリリース本文はこちら


【お問い合わせ先】
 国立大学法人九州工業大学 広報課
 TEL:093-884-3008(用正[ヨウショウ]、中村[ナカムラ])

 DXアンテナ株式会社 販売推進課
 TEL:078-330-5998(広報担当:川幡[カワハ゛タ])

 株式会社スリーダブリュー 技術営業部
 TEL:045-482-7842(担当:細沼[ホソヌマ])

 株式会社QTnet プロモーション推進部
 TEL:092-981-7773(広報担当:田埜[タノ])


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ